活動ブログ

個人としてのアート

投稿日:

アートを続けていると必ず人が集まってきます。ファンであったり、協力者であったり、人間関係も広げていくことができます。アートは作品を通じてのコミュニケーションです。

最近ではアートが売れることもあり、アートとして質の高い展覧会が増えてきました。未だに多くの展覧会でよく耳にする評価は「すごいね」「がんばったね」とかいって、多くの中、全体のなかの評価でしか見ていただけない。そうではなく個人としてのアート、個人の名前で展覧解すれば、全体としての評価ではないアートになります。本気でアートをすればするほど、作品を人に出すということは、自身の生きている位置を獲得するプロセスとなります、

-活動ブログ
-

Copyright© 秋永アートクラブ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.