活動ブログ

アートは自分を表現する数少ない道具の一つ

更新日:

ある記事に「日本と欧米の子どもたちの違いを感じてきました」。日本の子どもたちは高度情報社会の影響で、豊富な情報や知識を得ています。しかし、必ずしも将来社会人となったときにそれらを使いこし、生かされているかとなるとななかな難しいと思います。知恵をなって社会で結びつくとは考えにくいと思います。

どうすればいいのでしょうか?さまざまな種類のある絵画のなかで子どもたちが自分の夢の世界を楽しく自由に、のびのびと飛び回って表現するのがアート活動であります。「こんなことを考えていたの、すごいね、おもしろいね」と、普段の生活では見つけることが出来ない、こどもの別の一面や才能の深さや豊かさなどにかんたんに触れることが出来るのがアートなのであります。子どもにとって、アートは楽しいことを考えたり、創造したり、作ったり絵にしたりして表現をし人に伝えます。

小さい子どもにとってはアートは自分を表現できる数少ない「道具」のひとつであります。ですからこどもにとってはわくわく、きらきらする環境をわれわれ大人がつくってあげることがとても大切になります。これこそが知識でなく知恵をなって生かされてくると思います。

 

-活動ブログ
-, ,

Copyright© 秋永アートクラブ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.